コンセプト

動脈硬化性疾患は食の欧米化に伴い日本の国民病となっています。中でも虚血性心疾患(冠動脈疾患)の患者は国内に100万人以上いると推計されています。大動脈瘤、大動脈弁狭窄症もこれら動脈硬化が基礎にあるとされており、日本のみならず世界においても、主に先進国を中心として有病率の高い疾患です。また、カテーテルアブレーション(カテーテル焼灼術)治療の登場により、心房細動をはじめとする不整脈性疾患の治療件数も年々増加しています。このような背景もあり、医療資源の持続可能性という観点から、いかに効率よく必要十分な治療を行うかが今後の医療の質を維持する上で重要だと言えます。一方で、冠動脈疾患(狭心症・心筋梗塞)は比較的若い現役世代でも多い疾患であり、これらの治療の成否は患者個人のQOLはもちろん、日本経済全体にも直結する問題です。近年、カテーテルの進化、技術の発達により、従来は外科手術でしか治療ができなかった症例において、比較的低侵襲に治療が行われるようになりました。それに伴い難易度の高い手術をカテーテルで行う機会が増加しています。最近日本でも導入されたTAVI(経カテーテル的大動脈弁置換術)もそのひとつであり、従来人工心肺下に心臓を止めて弁を交換していたものが、カテーテルを用いて治療することが可能になりました。われわれが開発するトレーニングシステム「HEARTROID」は心臓カテーテルの初学者、更なる技術の向上を目指す医師に最適なものとなっています。このシステムの開発には近年目覚ましい進歩を遂げつつある3Dプリンターの技術を用いており、手術リスクや手術時間といった患者さんにかかる負担を低減するとともに、わが国のみならず世界の医療経済に資することができると考えています。

『大阪大学ホームページより許可を得て引用』

大阪大学 大学院医学系研究科 循環器内科学HP【HEARTROID PROJECT】サイト
(URL : http://www.cardiology.med.osaka-u.ac.jp/?page_id=33676

大阪大学大学院医学系研究科循環器内科学のカテーテル室

ハートロイドシミュレーションの様子

ページ上部へ戻る