製品一覧

心筋生検モデル

心筋生検モデル

実臨床と同じように、X線透視下で造影しながら心筋生検を行うことができます。透明な心臓モデルを用いており、シースや鉗子の向きを外側から確認しながら操作ができ、正しい場所で組織を採取できたかどうかもわかります。拍動ポンプを併用することで、よりリアルなシミュレーションを行うことができます。

カテーテル室でハートロイドを用いて心筋生検トレーニングをしている医学生達ハートロイドにおけるLAO側とRAO側の心筋生検造影画像

心室中隔とそれ以外の部位で素材を変えてありますので、正しい部位から組織を採取できているかどうかも確認することができます。
自由壁側に鉗子を向けた場合にどのように見えるかもぜひ試してみてください。

 
鉗子で右心室から採取した時と自由壁から採取した時の組織の画像

– Basic Set – 心筋生検モデル


X線透視下でも使用できる心筋生検心臓モデル心筋生検モデル

X線透視下右心生検のシミュレーションが可能です。採取する中隔はメンテナンスで補充可能です。


カテーテル室や目視でシミュレーションするためのハートロイド専用透明タンク専用タンク

X線透視下、非透視下での視認性を考慮した透明のタンクです。6Lの水を注入し簡便に準備が可能です。忙しい臨床業務の合間の時間を効果的に使って、手技の向上を図ることが可能です。


心拍数を調整できるハートロイド専用拍動ポンプ拍動ポンプ

心拍数を30~120bpmの間で調整でき心臓モデルの拍動と循環を実現します。臨床の造影に近い画像を再現できます。


ハートロイド用にカスタマイズされたシースシース付チューブ

シースが付いた専用チューブです。


カテーテルの滑りを良くするためのコーティング剤専用コーティング剤

カテーテルが滑りやすいようにモデルの内部に使用します。
容量 : 20cc(約20回分)


拍動ポンプと透明タンクを繋ぐハートロイド専用ホース専用ホース

ワンタッチ継手が付いた専用ホースです。


※製品の仕様は予告なく変更になる場合がございます。
※製品のカスタマイズにも対応しております。 詳しくは、株式会社JMCまでお問い合わせください。

お問い合わせはこちら
ページ上部へ戻る